JR板橋駅近くにメイドカフェ・ゲストハウス・シェアオフィスの複合施設「オカエリハウス」(OKAERIHOUSE)が誕生しました。

IMG_8484
まさか板橋にメイドカフェができる日が来るとは…!

プレオープンしたのは2019年9月14日から。
10月1日からグランドオープンとなります。

IMG_8487
お店の上はゲストハウスになっています。

地図ではここ↓

板橋区板橋1-54-12です。

IMG_8489
お店に向かって左は少し進むと旧中山道の「ドリームいか焼き」があるところに出ます。

そこからまっすぐ進み、ゆるやかな坂をくだると板橋駅東口に続きます。
旧道を右にいけばTSUTAYAのある踏切が近いです。

IMG_8493
向かって右は、細い道を進むと中山道(17号)に出ます。
そこから新板橋駅が近いです。


読者さまからお店の存在を教えていただき、さっそく直撃してきました。


【1階 ぴなふぉあ オカエリハウス店】

1階のメイドカフェ部分は「ぴなふぉあ オカエリハウス店」が正式名称。

(ぴなふぉあの秋葉原店は映画の「電車男」にも登場した有名店らしい)

IMG_8480
店内に入るとメイドさんがお出迎え。

IMG_8473
カウンター席。

IMG_8478

IMG_8475
小さなテーブル席もありました。
シャンデリアが素敵ですね。

IMG_8407
メニュー。

IMG_8405

IMG_8404

IMG_8474

IMG_8409
本来はメイドさんを写すのは有料なのですが、取材ということで特別に許可をいただけました。

※盗聴、盗撮、メイドさんに触れる行為はお控えください。

IMG_8416
(空中でハートを描いて)

IMG_8418
(萌え)

IMG_8420
(萌え)

IMG_8423
(きゅ〜〜ん)


ま、まぶしい!!


あまりにもまぶしすぎて、僕は直視することができませんでした。(したけど)

完全に心の準備ができていないままに、メイドカフェを初体験することに。しかも板橋で。

IMG_8402
おまじないで美味しくなった「萌え萌えオムライス」(1000円)

他のメニューでもおまじないはしてくれるそうですよ(笑)



【1階 シェアオフィス】


施設の1階にはシェアオフィスが併設されています。

IMG_8427
共同スペース。

IMG_8432
個室もあります。

シェアオフィスを利用しながら、コーヒーを注文するとメイドさんが「お疲れ様です〜」と持ってきてくれるらしい(笑)

月額利用だけでなく、スポット利用もできるそう。
登記や郵便受取代行のオプションもあるみたいですよ。

シェアオフィス(オカエリオフィス)の詳細は公式サイトでチェックしてください。
こちら



【2階 ゲストハウス(ドミトリー)】


IMG_8470
チェックインは1階のカフェスペースで。
メイドさんが対応してくれます。

IMG_8445
2階はドミトリータイプで、すべて2段ベッドになってます。

IMG_8446
1泊3500円〜。

大きな荷物を収容できるスペースは別にあるらしい。

IMG_8441
24時間利用可能な洗面ルーム。



【3階 ゲストハウス(個室)】


IMG_8451
3階フロア専用のリビングスペース。

IMG_8452
キッチンもあります。

IMG_8457
さりげなく飾られているメイドの衣装。

IMG_8456
過剰に反応してしまいました(笑)

IMG_8462
部屋は奥にあります。

IMG_8460
すべて2人用の個室でした。
1部屋1泊7000円〜。

ちなみに、宿泊者は500円でカフェの朝食が食べられるそう。


====


まさか板橋にメイドカフェやら、こんな施設ができるとは思ってもみませんでした。
(メイドカフェ・ゲストハウス・シェアオフィスの複合施設は世界初らしい)


オカエリハウス」という名前は、メイドカフェの決め台詞「お帰りなさいませ、ご主人様(お嬢様)」からとったもの。


国内・海外からの旅行者だけでなく、近隣の方もコーヒー1杯から気軽に利用できます。

メイドカフェ未体験の人も、板橋でなら勇気が出せるかもしれませんね(笑)



※まきさん、読者さま、情報提供ありがとうございました!

ぴなふぉあ オカエリハウス店(メイドカフェ部分)

板橋区板橋1-54-12

営業時間:17:00〜23:00(L.O.22:30)

定休日:無休

喫煙・禁煙:全館禁煙(ゲストハウス・シェアオフィスも)

公式サイトはこちら

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。




いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ