板橋区内のお店が小さな展覧会場に!「ボローニャ絵本さんぽ2022」が開催してる。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

板橋区立美術館で開催してる「2022イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」の関連イベント「ボローニャ絵本さんぽ」が始まりました!

板橋区内を中心にカフェ、書店、ギャラリーなどが小さな展覧会場になるアートイベント。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

今回はときわ台駅ちかくにある「cafe arica」に行ってきた時の様子を紹介します。

地図ではここ↓

板橋区南常盤台2-3-12。

「cafe arica」ではWanxin(わんしん)さんの「ねこのカタチⅡ」展が開催されていました。(7月21日〜8月15日)

Wanxinさんのインスタ→こちら

作品がお店に溶け込むように展示されています。
食事やコーヒー、お酒を楽しみながらアート作品に触れるとか…最高すぎますね!
aricaのメニューも一部ですが紹介します。
aricaはもともとイタリア料理、その中でもボローニャ料理を得意としたお店なのです。
今回の「ボローニャ絵本さんぽ」にはピッタリの雰囲気。
ティラミス(500円)
カフェラテ(600円)
アート作品に囲まれて食べるティラミスはとても美味しかったです。
店主の小山さん。
相変わらず自由のオーラをまとった人でした笑。

この時期(ボローニャ国際絵本原画展の開催期間)、絵本作家さんや編集者さんなど、絵本関連の方々が来店される機会が増えるらしい。

ちなみにですが、お店は車イスやベビーカーでも入店OK。
段差のある場所はスロープを設置することもできます。

また、目の不自由な方とコミュニケーションがしやすい特別なメモ用紙を備えていたり、とにかく優しい。

トイレも車イスの方が利用できるように設計されています。



「ボローニャ絵本さんぽ」の参加店はこちら。

開催期間は店舗によって異なります。

美術館を訪れるのも良いけれど、こんな風に町のあちこちのお店が小さな展覧会場になるって素敵ですよね。

アートもお店も満喫できる「ボローニャ絵本さんぽ」。
パンフを片手にどこに行こうか考えるのも楽しいと思います!


ボローニャ絵本さんぽ2022公式サイト→こちら



※読者さま、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 cafe arica(カフェ アリカ)
住所 板橋区南常盤台2-3-12
営業時間

13:00〜21:00(L.O.20:00)

定休日 水曜(臨時休業はFBやGoogleマップで要チェック)
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。