志村三丁目にオープンしたチョコレート専門店「シェ・アライ」を訪ねたら閉店した「サンドリアン」のご主人だった。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

読者さんから志村三丁目にチョコレート専門店がオープンしたことを教えてもらい、訪ねた日のことです。

この遊歩道を入ったところにあるらしい。
教えてもらわなかったら完全に気づいてなかったと思います。

地図ではここ↓

板板橋区志村3-14-1。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

ここから遊歩道に入ります。
桜のピンク色に染まった歩道。
もう4月下旬なのにまだこんな風情が楽しめるんですね。
少し進んだ左手に看板が見えた。
あ!お店!
置き看板。
「チョコレート専門店」と書かれたノボリも。
個人宅の窓の部分を注文カウンターにしているんですね。
ご主人の新井さん。

もともとケーキ屋さんを48年も運営していたらしい。
何気なく「どこでやっていたんですか?」と聞いてみたら…

志村三丁目駅前のサンドリアンってお店だったんです」と。



しょえ〜〜!!!

2021年5月に惜しまれつつ閉店したあのサンドリアン。
紛れもなくそのご主人だったのです!

店頭に貼られた閉店のお知らせには、お客さんからの寄せ書きがたくさん書き込まれていたのが記憶に新しいですよね。
地域の方々からとても愛されていたお店でした。

今更ながらサンドリアンの閉店の理由を聞くと、コロナ禍で忙しくなり過ぎて、体力の限界を超えてしまったから、なのだそうです。

「閉店してから3〜4ヶ月は何もしていなかったんです。でも、このまま何もしないのもあれだなあと思って…」と2022年2月に「シェ・アライ」をオープンさせました。

チョコレート専門店なら大きな機械が不要で、自宅でもできると思ったそうです。

でも、なんで店名を「サンドリアン」にせず、「シェ・アライ」にしたんですか?と聞いてみたら、

「サンドリアンにするとお客さんはケーキがあると思ってしまうでしょ?そうなったら申し訳ないと思って店名を変えました」

なるほど。そういうことだったんですね…。

お店の前の台は自作したそうです。
メニュー。
チョコレートの見本写真を見て選びます。
それぞれに説明が書いてあるのと、直接ご主人も特徴を教えてくれます。

バラ売りだと1つ230円。(生チョコレートだけ1つ150円)

選び終わったら、冷凍庫から実物を持ってきてくれるシステム。

冷凍状態で渡されるので、常温で大体20分くらい経つと食べ頃になるらしい。

焼き菓子もいくつか並んでいました。
いくつか買って自宅へ。
めちゃくちゃ美味しいチョコレート!

高級店に並んでいたら、もっと高く販売されていてもおかしくないクオリティ。

でも、この素朴さが最高だ。

シェ・アライ=サンドリアンのご主人と知り、とんでもない大発見をしてしまったように僕は興奮してしまったわけなのですが、この興奮は地域の人しかわかってくれないと思います笑。

※くーまんさん、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 シェ・アライ(CHEZ ARAI)
住所 板橋区志村3-14-1
営業時間

13:00〜18:00(木・金・土・日に営業)

定休日 月曜、火曜、水曜

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。