西台にオープンした「fonte bakery(フォンテベーカリー)」に行ってきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

西台にオープンした「fonte bakery(フォンテベーカリー)」に行ってきました。

オープンしたのは2023年12月25日。

ここは以前「エファール河村屋 西台店」があったところ。

地図ではここ↓

板橋区西台2-42-1
大東文化大学のすぐ近く。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

お店に向かって右。
首都高速5号線がすぐ。
向かって左。
不動通りが近いです。
お店の横にはテラス席。

犬のリードを繋げるフックもあるので、ワンちゃんと来るのも良いですね。

店内はヨーロッパのカフェのような雰囲気。

開放的な空間の壁にそって、ずらりとパンが並んでいます。

お店の奥には2階に続く階段。

現在は2階に入れませんが、準備ができたらイートインスペースになるみたいです。

入口横のウエルカムボード。

キャッチコピーは「自慢のパンと少しの元気を持ち帰っていただける場所

店名は「泉」を意味していて、泉のまわりが活力や元気の源として営みの起点になるところから来ているそうです。

ざっと商品を見ていきます。

入口付近に並んでいるのは惣菜パン。

オススメを聞いたら、いくつかピックアップしてくれました。

・やみつき塩パン
・タルティーヌ各種(220円)

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

・こくうまカレーパン(200円)も人気なんだそう。
真ん中あたりには、スイーツ系のパンが並びます。
クロワッサンやメロンパンなど定番メニュー。
フルーツブレッドやくるみブレッドもあります。
コチラは見るからにもっちりしてる食パン。
冷蔵ケースにはサンドイッチ。
バーガー系のパンはボリュームがあります。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

こくうまカレーパン(200円)・茎わかめタルティーヌ(220円)。

テイクアウトして屋外のテーブル席で食べてみます。

食べてみると、軽い仕上がりのパンの上に旨みの強い具材。

シャキシャキの茎わかめがアクセントになり美味しい。

カレーパン。
手でわって断面をみるとカレーがたっぷり。

もっちりしたパンと、こくうまカレーの相性も良く満足感が高いです。

ルーバーに取付けられた可愛らしいロゴマーク。

店内にあるたくさんのパンのイメージが伝わってくるようです。

お話を聞くと「fonte bakery(フォンテべーカリー)」は「エファール河村屋」とは別運営のお店なんだそう。

閉店の告知を見てリニューアルオープンと思った方も多かったのではないでしょうか。

お店の方によると、今後はプリンなど「エファール河村屋」さんとの提携も検討しているそうです。

※はるくんさん、ゆっけママさん、じまさん、みんころさん、あかちさん、とくめいさん、読者さま、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 fonte bakery(フォンテベーカリー)
住所 板橋区西台2-42-1
営業時間 9:00〜19:00(パンがなくなり次第終了)
定休日 不定休
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。