JR板橋駅近く『ホルモン道場 喜多八』レジェンド級の大衆酒場はいつも満席。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする
板橋に大衆酒場は数あれど、『ホルモン道場 喜多八』を知らないとモグリだと言われかねないレジェンドなお店ですよね。

この店構え、もはや板橋区の重要文化財に指定されても誰も異を唱える者はいないと思えます。

写真 2016-05-27 19 35 39

地図ではここ↓

住所は板橋区板橋1-19-8です。
JR板橋駅から歩いて数分のところ。近くにはカラオケの鉄人があります。

1階のカウンター席↓
写真 2016-05-27 19 36 53

あっという間に席が埋まってしまう1階のカウンターは1人で飲みに来る人がほとんど。
皆1人で来てるから、なんか違和感なくて入りやすいなぁ。

それなりの人数の時には2階のお座敷席もあります↓
original
(出典:食べログ)

壁のメニューから注文します↓
写真 2016-05-27 19 37 05

仕込んである串たちが並んでいます↓
写真 2016-05-27 19 39 49

まずはコイツがないとはじまらない「特製煮込鍋」(380円)↓
写真 2016-05-27 19 40 11

横の人たちも皆頼んでる!

ほうらっ↓
写真 2016-05-27 19 40 34

串のクオリティとボリュームはやばいですね(各120円)↓
写真 2016-05-27 19 43 17

うほほーい、と叫びたくなるほどバッキバキの焼き目が入ってる↓
写真 2016-05-27 19 46 27

このタレは40年間継ぎ足してる秘伝のタレなんですって。
そんなタレ、本当にあるんですねー。

コブ刺し(450円)↓
写真 2016-05-27 20 15 33

ほら、鮮度はばっちりですよー↓
写真 2016-05-27 20 16 10

フツーの居酒屋メニューもあります。ポテサラ↓
写真 2016-05-27 20 17 01

名物「ホルモン焼」(180円)↓
写真 2016-05-27 20 20 17

豚バラ焼(180円)↓
写真 2016-05-27 20 24 11

いやー、さすがホルモン道場というだけある。
なんという美味しさ。

それに大将の接客がなんとも言えない味があるんですよね。
常に笑顔を絶やさず、小気味のいい声と動きでお客さんの居心地のよさを演出。

常連さんとも会話をしつつ、初めての人にも温かく対応してる様子は尊敬レベルです。
1人客が多いのは大将の接客によるところも大きいと思うなぁ。

創業は昭和39年。
一説によると、板橋で「喜多八」を開業した先代が、加賀屋の創業者を能登から引っ張ってきたという逸話が残されています。

◇関連記事
新板橋『ニュー加賀屋』。加賀屋の聖地は板橋だった。


そんな板橋の歴史が肴になる店。
ああ、板橋って本当に素敵ですね。

喜多八(きたはち)

板橋区板橋1-19-8
03-3964-3481

営業時間: 17:00~23:00

定休日: 日曜・祝日

喫煙・禁煙: 全面喫煙可

食べログはこちら