東武練馬駅近くにオープンした「米とひなた」で上ロースカツ定食を食べてきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

東武練馬駅近くにオープンした「米とひなた」に行ってきました!

土鍋ごはんとんかつのお店としてリニューアルオープンしたのは2022年1月14日。

板橋の呑兵衛から絶大な支持を誇る大衆酒場「やきとん ひなた」の新業態です。

地図ではここ↓

板橋練馬区北町2-37-2。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

向かって左は東武練馬駅が近いです。
右側。旧川越街道がすぐ。
隣は「やきとん ひなた 東武練馬店」があります。
店内にはキッチンを囲むようにコの字型のカウンター席が並びます。
(小さなテーブル席もあります)
メニュー。
ドリンクメニュー。
夜は居酒屋的にも利用できます。
お弁当もやってました。
ひなた株式会社の辻社長。

なぜ「やきとん ひなた」がとんかつ屋を始めたのか聞いてみると、

やきとんもとんかつも扱うのは豚肉
副社長さんの提案で「とんかつ業態いいんじゃないか」となったらしい。

上ロース定食を注文して、調理する様子も撮影させていただきました。

豪快な厚さにカット。

お肉は千葉県の林SPFというブランド豚。
1人前は230〜240gらしい。

パン粉は荒目で無添加。

揚げ油は高級なとうもろこし油で、香り付けにごま油が入っているそうです。
良い油を使うと食感が軽い感じになるのだとか。

一つ一つにこだわりを感じます。

上ロースカツ定食(2200円)
とんかつソース、藻塩、レモンおろしポン酢。
炊き立ての土鍋ごはん。
ご飯はおかわり無料です。(キャベツも)
新潟の新之助米。
よても良い香り。

豚肉もお米もその時期に一番美味しくコンディションの良いものを使用しているそうです。

味噌汁は八丁味噌、田舎味噌、西京味噌をブレンド。
テーブルセットはウスターソース、とんかつソース、ユズスコ(タバスコのゆず版)、それに自家製のフレンチドレッシング。
断面はキレイなピンク色。
揚げた後にしばらく置いて余熱でゆっくり火を通しているんですね。

淡路島産の藻塩を軽くつけて食べると、お肉の素の美味しさが味わえます。

めちゃくちゃジューシーで柔らか。
旨みがはんぱない。

レモンの皮を塩麹に漬けてから混ぜてあるおろしポン酢。
ソースは全国の地ソースメーカーのものを独自にブレンドしてるらしい。


ひなたの新業態だからフツーのトンカツ屋さんではないと思っていましたが…

細かい部分にもこだわりが満載で、とんでもない旨さのとんかつでした!

◆動画

YouTubeにもアップしています。よかったらご覧ください!


※読者さま、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 米とひなた
住所 練馬区北町2-37-2
営業時間

11:00〜15:00(L.O.14:00)、17:00〜22:00(L.O.21:00)

定休日 月曜
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。