「全国うまいものマルシェ in いたばし」で天然エゾアワビと白河高原清流豚を注文してみた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

オンラインで開催中の「全国うまいものマルシェ in いたばし」で注文していた商品が自宅に届きました!

オンライン会場→こちら

マルシェでは板橋区と交流のある街のグルメがいろいろ販売されています。
(板橋区内の店舗もあり)
美味世界一」という言葉に惹かれた岩手県大船渡市の「天然エゾ鮑」(5800円)。

発泡スチロールを開けたら、軍手とヘラが入ってました。

冷凍の立派なアワビが6個。
プロトン凍結という急速冷凍技術がされてるらしく、生の味が楽しめるようになってるみたい。
アワビの剥き方とか、肝の料理例などの説明書付き。
こちらは「白河高原清流豚の紅白満喫セット」(4617円)。
白河高原清流豚の厳選豚ロース肉が8枚。
白は三五八漬け

初めて聞いた言葉だったんですけど、
東北地方の郷土料理で、麹で漬けた漬物のこと。

漬床に塩・米麹・米を3:5:8の割合で使うことに由来しているらしい。

紅は味噌漬け。
説明書通りにやったら簡単でした。

アワビの剥くところを初めて見たうちの子たちも、ギャラリーとして楽しんでいたようです。

一通り調理して食卓へ。
アワビの調理はシンプルに刺身と酒蒸しにしてみました。
コリコリ食感と鼻から抜ける磯の香りが素敵に楽しめるお刺身。贅沢だなあ。
バター醤油で肝ソースを作ってみました。

見た目は映えないのですが、これがとんでもない旨さ!
お酒が進みすぎてやばいです。

酒蒸しで熱が入ったアワビもふっくらしてめちゃくちゃ良かったですね。

子どもに大人気だった紅白豚ロース。
モチモチ食感で柔らかく優しい味わい。
紅白どちらも優勝でいいと思います。


お家にいながら全国のうまいものが楽しめる「全国うまいものマルシェ in いたばし」は2022年1月31日まで。

年末年始に食卓を華やかにしてくれます。
他にも魅力的な商品が揃っているのでよかったらチェックしてみてください!
こちら