上板橋駅ちかくにオープンした「家庭料理 直(なお)」に行ってきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

上板橋駅北口ちかくにオープンした「家庭料理 直(なお)」に行ってきました。

オープンしたのは2023年12月19日。

ここは以前「鮨亀」があったところです。

地図ではここ↓

板橋区常盤台4-31-11

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

お店に向かって右。
突き当たりを左に行くと上板橋駅北口が近いです。

斜め前には「焼鳥酒場 OHAYO(おはよ)」があります。

向かって左。
ドコモショップがすぐ。

最初の角を右に曲がればイトーヨーカドーが近いです。
お店に入ると左側にカウンター席、右側にテーブル席が並びます。

和モダンのイメージでまとめられた店内。
奥の壁には照明で浮かび上がる月のオブジェがあります。

なんでも店主の息子さんが作ったそうで、お店のシンボルになればとの思いが込められているようです。

そういうのステキですね。

奥から見るとこんな感じ。

全体に抑えたトーンでまとめられて、落ち着く空間になっています。

月をイメージした丸テーブルにテーブルセット。
フードメニュー。

オススメを聞くといくつかあげてくれました。
・大皿料理(各500円)
・もつ煮込み(600円)
・レディースセット(1200円)


大皿料理は日替わりで提供されていて、数種類の中から選べるシステムです。

ドリンクメニュー。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

コチラは大皿料理の「牡蠣の野菜蒸し炒め

彩がキレイです。

大根と練り物の煮物
スペアリブ

大皿は写真で伝えきれないボリューム感。
それぞれお皿に取り分けて提供してくれます。

オススメを聞いてオーダーしました。

左から「瓶ビール(650円)・もつ煮込み(600円)・お通し・スペアリブ(500円)

※お通しは無料!

「お通し」

お通しも日替わりで、この日は「ゼンマイと厚揚げの煮物」

「もつ煮込み」

京都と九州の白味噌をブレンドしているんだそう。

モツも塊で仕入れて仕込んでるいそうです。

食べてみるとブレンドされた味噌は濃厚。

モツもプリプリで旨みが強い。
オススメなのが納得な一品です。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

大皿からは「スペアリブ」をチョイス。
箸で持ち上げるとズッシリ重い。

そして、口に入れると柔らかくてジューシー。
しっかり味が染みているので、食べ進める箸が止まらなくなります。

そのほか、特別に何種類か試食させて頂きました。

コチラは「レディースセット」の一部メニュー。

左上、チーズのウィスキーとたまり醤油漬け。
左下、自家製リエット。
右、バケット。

「リエット」は豚バラを1度焼いてから5〜6時間煮込んで、ハーブや白ワインで炊き込んだものみたい。

なるほど、塩味の中にハーブを感じる深みのある味。
これは中毒性が高い。

「チーズのウィスキーとたまり醤油漬け」

濃厚でアルコールによく合う美味しさ。

レディースセットは、これらに熟成サラミやカラスミ調の魚卵燻製、ワンドリンクがついて1200円。

「牡蠣の野菜蒸し炒め」もひと口頂きます。
あっさりした中に、奥深い味を感じます。

この日に食べたどの料理も、丁寧な仕事ぶりを感じる、優しくてほっとする美味しさでした。

店主の直美ママ。

とても気さくで楽しい方でした。

お話を聞くと、元々料理が好きで以前からご自身のお店を持ちたいと思っていたそうです。

そんな時に良い物件に出会え、お勤めの会社の他に副業的にはじめてみようと思ったんだそう。

家庭料理をメインとしていますが、ひと手間工夫しているので客さまに喜んで頂けると嬉しいです、そうお話してくれました。


※タキさん、SEAさん、高野さん、読者さま、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 家庭料理 直(なお)
住所 板橋区常盤台4-31-11
営業時間 17:00〜21:00
定休日 土曜、日曜、祝日

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。