新板橋にできた「お惣菜のいなば」に行ってきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

新板橋にできた「お惣菜のいなば」に行ってきました。

オープンしたのは2023年8月。

老舗のお寿司屋さん「いなば鮨」が代替わりして、お惣菜のお店として生まれ変わりました。

地図ではここ↓

板橋区板橋1-51-1

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

向かって右。
奥には「かのう耳鼻咽喉科クリニック」が見えています。

左に曲がれば新板橋駅が近いです。
右に曲がればドコモショップ、牛丼松屋を通って板橋駅方面に続きます。
向かって左。
オカモトタンメン、やきとんイタバシたまやを通って、板橋区役所方面に続きます。
店頭のショーケースに美味しそうなお惣菜が並んでいます。

訪問時のラインナップを一通りご紹介しますね。

・大山鶏の手羽元
・野菜たっぷりモツ煮込み
・車麩の卵とじ
・ロールキャベツ
・結びしらたきとさつま揚げの煮物。
・ご飯に合う豚肉たまごそぼろ
・豚肉のナスみそ炒め
・レンコンと豚肉の甘じょっぱ炒め
・さばの照り焼き
・鶏モモの塩こうじ焼
・きんぴらごぼう
・五目卯の花
・ポテトマカロニサラダ
・キャロットラペ
・高野豆腐とほうれん草のごま和え

どれも身体に優しそうなメニュー。

忙しい日々の中で、こういうホッとするメニューを求めている人は多いと思います。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

店主さんにお話も聞けました。

店主さんは、亡くなった「いなば鮨」のご主人の、息子さんの奥さんなのです。

以前あったお寿司屋さんとはスタイルが違いますが、ご自身のできる形でお店を再生されました。

しばらくお店の前にいたのですが、決して人通りの多い場所ではありません。

でも、立ち止まる人の多いこと。

この近辺にない素敵な雰囲気が外にもあふれているというか。
皆さん「おっ」となって、吸い込まれるように入店していきます。

準備中のイートインスペースも見せていただきました。
シンプルで温かみのある優しい雰囲気。

店主さんはほぼお一人で切り盛りされています。
イートインを望む声は多いそうですが、慎重に準備を進めているそうです。

いろいろ自宅用に買ってみました。

一番喜んだのは妻でした。
「これ作るの大変なんだよ〜」と、その言葉に凝縮されているような。


地域に愛されたお寿司屋さんが、形を変えて近隣の家庭を応援するお惣菜屋さんとして復活。

きっと、この代替わりに目を細めている地域の方も多いんじゃないかなあ。

お店の情報はインスタで発信されていくそうなので、気になる人はチェックしてみてください。

店舗インスタグラム


※読者さま、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 お惣菜のいなば
住所 板橋区板橋1-51-1
営業時間 16:00〜19:00
定休日 日曜・月曜・祝日(お子さんやお家のことなどで急なお休みあり)
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。