JR板橋駅西口ちかくに、ロボットがコーヒーを提供してくれるオーガニックチョコレート店「プリュス・ドゥ・ショコラ」がオープン!

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

JR板橋駅西口ちかくにプレオープンしている「プリュス・ドゥ・ショコラ(Plus de Chocolat)」に行ってきました!

プレオープンしたのは2022年6月29日。
本オープンはその2週間後くらいを予定しているそうです。

地図ではここ↓

板橋区板橋1-11-2。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

お店に向かって右側。斜め前はスーパーのマルエツ。
板橋駅方面に続きます。
左側。下板橋駅方面に続きます。
店内のようす。
スタンディングテーブルが2つ並んでいます。
商品とセルフレジ。
いろいろなチョコレートが並んでいました。
プレオープン期間は、ドリンクを注文すると試食用のブラウニーやクッキーがいただけます。
セルフレジ。

ドリンクは見た通りそのままですが、スイーツの注文は値札に書かれた色を自分で選ぶスタイル。珍しいですよね。

キャッシュレス決済も対応しています。
そしてもっと驚いたのがここから。

注文は自動で送信され、ロボットがドリンクを用意してくれるのです!

ロボットの名前は「UR3e」。
愛称でなくコードネームなのところに近未来を感じます。
UR3eがカップを取って、製氷機に設置。
氷が入ったらコーヒーマシンへ。
しばし出来上がるのを待つUR3e。
スムーズな動きで運んできます。
受け渡し口にコーヒーをそっと置くUR3e。
忍者屋敷よろしく、壁がひっくり返って…
完成!

注文から提供まで人の手が介在しない非接触のサービスなんですね。

見てるだけでも面白いと思います。

ドリンクの備品から必要なものを取っていきます。
コーヒー(200円)と試食のチョコレートをいただきました。
美味しいブラウニー!
コーヒーもチョコレートと合わせると、より美味しく感じますね。
お店の責任者の方からお話も聞けました。

チョコレートは全て、提携しているベトナムのカカオ農園でオーガニック栽培されたもの。

Farm to Bar」にこだわっているそうです。

Farm to Barとは「農園からチョコレートまで」という意味です。

農園と栽培者が「見える」事により、味や品質、安全性がより確かなものになります。

当店が提携しているのは、日本人が経営するベトナムの農園です。

苗から育て、接ぎ木をし、収穫、発酵、乾燥・・・と複雑なカカオ豆の生産工程には苦労がつきものですが、オーガニックにこだわり、農薬を使わずに丁寧に栽培されており、良質のカカオ豆を提供しています。

注目されているベトナムのフルーティで芳醇な味わいのチョコレートとスイーツを、ぜひ当店でご賞味下さい。

カカオの栽培からチョコレートになるまでの工程を写真付きで紹介されています。

ロボットが提供してくれるシステムもすごいですが、オーガニックにこだわったカカオで作るチョコレート店も珍しいですよね。


看板ができてからオープンまでだいぶ期間があったのは、ロボットのプログラムの調整に想定以上に時間がかかってしまったのだとか。

システム上、無人でも成立するみたいですが、スタッフさんは常駐しているそうですよ。

※読者さま、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 プリュス・ドゥ・ショコラ(Plus de Chocolat)
住所 板橋区板橋1-11-2
営業時間

12:00〜18:00

定休日 日曜・月曜・火曜

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。