仲宿の中山道沿いにオープンした「もつ焼き 髙橋」で朝〆のやきとん食べてきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

仲宿の中山道沿いにオープンした「もつ焼き 髙橋」に行ってきました!

オープンしたのは2020年12月8日。
このあたりに大衆酒場ができるのは珍しいですよね。

実際に伺ったのは2020年末だったのですが、すぐに緊急事態宣言になり、ご紹介するタイミングが遅れてしまいました。

地図ではここ↓

板橋区仲宿55-2です。

お店に向かって右は板橋区役所に続きます。
左側。板橋本町駅へと続きます。
店内は一文字にカウンター席が並んでいます。
メニュー。
本日のおすすめ。
ドリンクメニュー。
ポテサラ二種盛り(580円)

海苔の香りがふわっと口に広がる岩海苔味
懐かしさを感じるカレー味は福神漬けを一緒に食べればさらにノスタルジーに浸れます。

日によって味は変わるらしいですよ。

煮込みとうふ(580円)
※寒い時期のみの提供

コクのある味噌とモツで王道的な美味しさ。温まります!

串焼き(各150円)

写真はレバーとハラミ。
朝に〆た超新鮮なお肉を使用してるそうで、炭の香ばしい焼き具も最高ですね。

特タン(250円)

舌の先から取れる数量限定の希少部位。
レアめの焼き具合でとんでもない柔らかさ。

殻つきうずら串(250円)

殻付きって初めて食べたけど、おせんべい感覚でパリパリいけますね。
口の中で黄身がブワッと溢れだす感じです。

厚揚げジロー(小・420円)

ネギがてんこ盛り。
これは混ぜてから食べるのがおすすめみたい。

混ぜるとこんな。

背脂チャッチャ系的な脂と、ガッツリにんにく、それにラーメン風味な特製醤油だれの合わせ技にノックアウト。

男心を思いっきり鷲掴みにされました。

髙橋ハイボール(600円)

店名を冠した別名・真っ黒ハイボール

炭の黒さらしく、摂取した脂をどうにかしてくれるんじゃないかという期待とともに飲み干します。

塩レモンサワー(480円)
サババター(500円)

見慣れない小さな寸胴型の器で登場。

かき回すと下から大量のサバが。

鯖の旨みに、バターのコクが重なりあって…たまらん!

店主の髙橋さんにお話も聞けました。

髙橋さんは本蓮沼のモツ焼きラーメン「元樹」で修行されてから、ここで独立。

調理しながらも、気さくに話しかけてくれて、居心地のよい温かい雰囲気も魅力のお店です。

※えりたすさん、バナナママさん、トリコさん、masaさん、つむぎさん、Catsさん、読者さま、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 もつ焼き 髙橋
住所 板橋区仲宿55-2
営業時間

17:00〜22:00(コロナの影響で変動あり)

定休日 月曜、不定休

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!

いたばしTIMESへ広告を掲載しませんか?