下赤塚駅ちかくの鎌倉野菜を中心とした創作料理「Tombo」でランチしてきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

下赤塚駅ちかくの鎌倉野菜を中心とした創作料理「Tombo(とんぼ)」のランチに行ってきました!

オープンしたのは2021年5月。

ランチも始まっていたんですね。
(2022年3月までは不定期ですが、4月以降は火水木にランチ営業)

地図ではここ↓

板橋区赤塚2-10-16。赤塚一番通り商店街の中。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

お店に向かって左は下赤塚駅北口が近いです。
右側。
ランチメニューは店頭でも確認できます。
(店内にも同じメニューがあります)

本日のパスタ2種(どちらも1000円)から選び、付け合わせとドリンクがセットで付きます。

ランチメニューは日替わり。
その日の営業前にインスタのストーリーに内容がアップされるらしい。

店内はゆったりとしたリラックス空間が広がっています。
カウンター席も。
ランチの付け合わせ「真アジとブロッコリーのマリネ」。
涼やかなお皿に酸味が心地よいマリネ。
ディルの香りもいいですね。
バジルと芽キャベツのパスタ。
バゲット付き。
春を感じさせる爽やかなパスタ。
鎌倉野菜が美味しい!

お店の雰囲気もだけど、料理のナチュラル感もすごいです笑。

店主の金子銀次さん。

イタリアンとスイーツ店で働いていた経験はあるものの、これまでのキャリアの大部分は飲食ではないサラリーマンとして過ごしていたらしい。

鎌倉野菜にこだわるのは純粋に美味しいから。
お店をやるなら鎌倉野菜を軸にしたいと考えていたそうです。

店名の「Tombo」について聞いてみたら、

「魔女の宅急便」のトンボに由来しているそうです。
あの真っ直ぐに夢を追い続けるキャラクターが好きなのだとか。

だからお店のロゴもトンボがかけてるメガネがデザインされているんですね。

ちなみに、お店はほぼDIY。
45日ぐらいぶっ続けで作って完成させたらしい。

ディナータイムのメニューも見せてもらったのでご紹介しますね。

鎌倉野菜を中心に、料理は和洋中なんでもやるそうです。
下赤塚って個性的で素敵な個人店がたくさんありますね。

※じまさん、RIETさん、あとっぴさん、akiさん、えぶろささん、3105さん、読者さま、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 Tombo(とんぼ)
住所 板橋区赤塚2-10-16
営業時間

ランチ:12:00〜15:00(L.O.14:30)※ランチ営業は2022年4月以降は火水木。3月までは不定期。
ディナー:18:00〜24:00

定休日 日曜(月曜祝日の場合は日曜営業して月曜休み)
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。