【フィルム一筋50年】前野町のモノづくり企業「司産業」の製品をご紹介します。【PR】

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

フィルム一筋50年。
前野町のモノづくり企業「司産業株式会社」をご紹介します!

司産業のフィルム製品は、絵や文字を乗せ、広告や標識の形になって街を彩っています。

例えばこちら。

板橋区内でもお馴染みのこちらの看板は、司産業のフィルムが使われています。

他にも大手のガソリンスタンドや、車両マーキング、看板などにも使われていたり、
きっと知らず知らずのうちに司産業のフィルム製品を見ている人も多いと思います。

前野町にある司産業本社を訪問してきました。

地図ではここ↓

板橋区前野町2-35-16です。

浅野衣理奈社長(左)と創業者の浅野寿子会長(右)にお話を伺いました。

昭和46年に豊島区で設立。
現在の前野町に移転したのは昭和54年のこと。

創業以来50年の間、熟練の業と最新の技術でモノづくりを続けています。

昭和59年には埼玉県の浦和に印刷工場を建設し、大型シルクスクリーン印刷にかけては日本でも有数の企業なんですね。

いくつか製品をご紹介します。

ガラスの飛散防止フィルム。
地震・台風対策として、個人・法人問わずニーズの高い製品です。
遮熱やUVカット機能も備えているタイプや、オリジナルデザインのフィルムを製作することもできます。

詳細→こちら

アクリルパーテーションは、サイズ・厚み・絵柄などお好みに合わせて製作できます。
身近なフィルム製品・シートカッティングも高い精度で対応。
役所などでよく見るこんな場所に。
街のいたるところで見つけることができます。
アクリル切文字製作。
厚みを持たせることで存在感と高級感が生まれ、目をひく表現に。
住宅の内装でも、壁面、柱、什器、建具などにもフィルムが使用されています。
自動販売機のラッピングも。
夜に光る加工をすることで売上アップへの貢献も期待できます。

僕たちは気づいていないだけで、日常的に司産業のフィルム製品に触れているんですね。

企業や店舗はもちろん、個人の方でも気軽に利用してほしい、そんな想いを実際にお会いして伺ってきました。

「モノづくりの板橋」を身近に体感できるフィルム製品。
興味のある方は司産業公式HPもチェックしてみてくださいね。
こちら

板橋区で事業を営んでいる人だったら、助成金対象にもなります。(期間限定)

お問い合わせ→こちら

司産業株式会社

本社)板橋区前野町2-35-16
工場)埼玉県さいたま市桜区田島10-21-1

電話:03-3968-7141

公式ホームページ→こちら