ときわ台駅前にオープンした大庄グループの大衆酒場「やるきホルモン」に行ってきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

ときわ台駅前にオープンした大庄グループの大衆酒場「やるきホルモン ときわ台店」に行ってきました。

オープンしたのは2023年9月18日。
同じ大庄グループの居酒屋「庄や」からの業態変更です。

地図ではここ↓

板橋区南常盤台1-26-13。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

お店に向かって左、駅前の踏切がすぐ。
向かって右、常盤台銀座商店街を通って川越街道に続きます。
お店に入ると、手前にカウンター席。
その周りにバランスよくテーブル席が並びます。

店内はレトロな看板やポスターなどで酒場感を演出。
なんだかワクワクしてきます。

奥には座敷もありグループの利用に良さそうですね。
テーブルセットとメニュー。

焼き物はテーブルに七輪をセットして、セルフで焼いていくスタイル。

看板メニューは「やるきホルモン(390円)」

ホルモンは群馬の畜産業者さんから直接仕入れているので新鮮さが自慢みたい。

ホルモン以外のつまみも充実。

「やるき煮込み(390円)」は秘伝の煮汁を使っているそうです。

ドリンクは大衆酒場で愛されるお酒がメイン。
日本酒やソフトドリンクもあります。  
コチラは飲み放題付き「やる気コース(3480円)」

お料理8品に120分の飲み放題が付いてます。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

1杯目は「生ビール(550円)」

よく冷えてて身体に沁み渡ります。

オススメの「やるきホルモン(390円)」

赤身が「チレ」で白い切り身が「ガツ」。

「はらみ(420円)」はなかなかの迫力。
さっそく七輪で焼いていきます。

お肉はどれも味がついているので両面焼いて、そのまま食べられるそう。

お好みでタレをつけても良さそうですね。

チレは柔らかくトロッとしたクセになる美味しさ。
ガツはコリコリした食感で噛むほどに旨味が出てきます。

どちらも塩加減がちょうど良く、噛みごたえの違う2種類のホルモンは食べ出すと無限ループに入れます。

はらみは肉々しくて食べ応えあり。

タレの味も良く合っていて美味しい。

2杯目はオススメの「やるきサワー(390円)」

梅とレモンが入っていて、酸味の効いたスッキリ飲みやすい味。

ホルモンと相性が良いです。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

スタミナガツ刺し(390円)

薬味と一緒に醤油をかけて食べていきます。

柔らかくてサッパリした味。

シンプルな味に薬味が効いてます。

コチラは新名物「やるき ぐるぐる串(120円)」

鶏皮をぐるぐる巻いてパリパリに焼き上げたもの。

濃厚なタレ味でスナック感覚。
中毒性が高い一品でした。

写真は店長の篠原さん。

お店は早い時間からお客様で賑わっていて早くも人気店の予感。

店長さんはじめスタッフの皆さまも、焼き加減などをチェックしてくれ、とても親切です。

最後にひと言いただくと「やる気と元気でお客様を元気にします!」と答えてくれました。

※ぼのぼのさん、ゆいさん、読者さま、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 やるきホルモン ときわ台店
住所 板橋区南常盤台1-26-13
営業時間 月曜〜土曜 17:00〜3:00
日曜・祝日 15:00〜23:00
定休日 なし
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。