こども動物園高島平分園「子ヤギのショー」舞台裏120日間ドキュメンタリー。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

こんにちは。
編集長のちゅうぞうです。

今回は、こども動物園高島平分園で行われている冬のミニイベント「ヤギのくりちゃんのミニミニショー」の舞台裏ドキュメンタリーです。

120日間におよぶ0歳子ヤギのくりちゃんと動物園スタッフさんの練習の日々を動画にしました。


この企画のきっかけは、2020年にリニューアルオープンした板橋こども動物園を訪れた時のことでした。


プレオープンでヤギの橋わたりを見せていただいたんですね。

わー!すごい!と思って見ていたのですが…

印象的だったのは、無事に終わった時のスタッフさんのホッと安心したような表情でした。

「最初は怖がって登らなかったんですが、たくさん練習してできるようになりました」と。

オープンしたての頃、皆さんも見たことがありませんか?
なんとなく元気がない動物たちの姿を。
2年以上の長期休園から開園に向けて、長野から板橋にやってきた動物たち。

元気がない動物に僕が視線を落とすと、スタッフさんが教えてくれました。

「この子たちはまだ新しい環境に慣れてなくて…」

僕はどこかで当たり前のように思っていたのです。

動物には本能や習性があって、驚くべき技が軽々とできてしまうのだろうと。

動物はいつでもどこでもマイペースで感情の浮き沈みは(そんなに)ないのだろうと。

たしかに、人間にはない身体能力があるけれど、

でも、動物も僕らと同じように、
初めてのことは不安だし、高いところは怖い。
練習が嫌になることもあれば、できて褒められたら嬉しい。

そのことに気付いた時、僕はとても感動してしまって。


舞台裏を知ることで、ショーを観る時の感動が大きくなるのではないか、そんな気持ちでこの動画を企画しました。

撮影とナレーションは全て動物園のスタッフさんたちによるもの。
(ハロー板橋!までやってもらいました笑)

僕はただそれらを繋ぎ合わせたに過ぎません。

動物園スタッフさんたちのリアルな奮闘ぶりがストレートに伝わってくる120日間の記録。
粘り強く向き合うスタッフさんたちの姿勢・優しさにいろいろな感情が揺さぶられる気がします。
当たり前にできるわけじゃない。
ヤギのくりちゃんも勇気を出して挑戦しているんですね。

笑いあり涙ありのドラマになっています。
よかったら本編の動画をご覧ください。↓

<2022年のショーの予定>
・1月9日(日)
・1月16日(日)
・1月23日(日)
・1月30日(日)
・2月6日(日)
・2月13日(日)
※時刻はいずれも15:20以降から予定しています。
※ミニイベント開催後に行うため、多少時間の前後がある場合がございます。ご了承ください。
※予約不要・入場無料

地図ではここ↓

板橋区高島平8-24−1(徳丸ヶ原公園内)です。

2022年2月13日まで毎週日曜にヤギのくりちゃんのミニミニショー」は開催されています。

ぜひ応援に行ってみてください!