読者さまからオススメのワインボトルショップがあると聞いて、南常盤台の「アンケヴィーノ!」にやってきました。

写真 2018-12-20 15 23 26
オープンしたのは2018年3月。
いたばしTIMESでもオープン前に紹介してました。

◇関連記事
南常盤台にワインのお店「アンケヴィーノ!」が開店準備中。3月1日オープン予定

地図ではここ↓

板橋区南常盤台2-6-1です。

写真 2018-12-20 15 26 36
お店に向かって右は、ときわ台天祖神社が近くにあり、東上線・ときわ台駅南口に続きます。

写真 2018-12-20 15 27 42
その反対側は川越街道に続きます。(ときわ朝日が近いです)

写真 2018-12-20 14 50 30
店内にはワインがたくさん!
なんだか宝石箱みたい。

写真 2018-12-20 14 49 39
基本的にはスーパーで売ってないワインばかり。
お値段は千円程度のものから幅広く扱ってます。

写真 2018-12-20 14 52 17
ワイン以外にも関連グッズや食材が用意されています。

写真 2018-12-20 14 53 58
珍しいビール。

写真 2018-12-20 14 54 06
ワイングラスやデキャンタ、フォークやスプーンなど。

写真 2018-12-20 14 54 25
チョコレートやパテの缶詰とか。

写真 2018-12-20 14 57 05
ウィンナーやサラミも。

写真 2018-12-20 14 56 43
こだわりのチーズもいろんな種類ありました。

写真 2018-12-20 15 21 13
お店はオーナーの鈴木さんが切り盛りされてます。

僕はワインとか全然詳しくないんですけど、おぼろげなイメージを伝えるとしっかりくみ取って提案してくれます。

ワインの知識はもちろん、ふんわり楽しそうにお話してくれるので、引き込まれちゃうんですよね。
本当にワインが好きな方なんだなあ。



公式サイトには鈴木さんのメッセージが書かれています。

ワインメインのボトルショップ(酒屋)です。


アンケヴィーノの意味は「ワインも」。

皆さんの食卓にワインも仲間に入れて欲しい、そう思って名付けました。


「敷居が高い」
「よくわかんない」
「高い方が美味しいの?」
「聞いたことあるけど…」
「保存は?」

ちゃんと質問にお答えして、みなさまの食卓やシュチュエーションに合ったワインをご提案します。


Anche Vino!で取り扱っているワインは小規模生産者の丁寧に作られたものばかり。

その一杯で、その一瞬を幸せにしたい。

そう考えながら選んでいます。


さぁ、あなたの食卓にもワインを!

Anche vino e buon appetito!

アンケヴィーノ!公式サイトより)


写真 2018-12-20 15 14 42
なかなか来店できない方のために、「ワイン定期便」なんて仕組みもあります。
いろいろ相談してみてください。



今回、僕は家族のクリスマス用に赤ワイン(2千円ちょっと)、チーズ、ブーダンノワールを買ってみました。

写真 2018-12-26 22 01 15
「クアドレッロ・ディ・ブーファラ」という生水牛乳と食塩だけで作られたチーズ。(1428円)

写真 2018-12-26 22 07 24
フランスで「血のソーセージ」と言われるブーダンノワール。(1296円)

写真 2018-12-26 22 28 02
自宅の食卓がふだんプレミアムになりました。

写真 2018-12-26 22 29 02
クセが強めのチーズが好き、と伝えて選んでもらったチーズ。

すごく濃厚で口の中でとろけます。
ワインを含むと香りが進化して鼻に抜けていくような気がする。最高。

写真 2018-12-26 22 31 05
ブーダンノワールは2cm厚に切り、軽く焼いて食べました。
豚の血と脂肪、玉ねぎが主な材料で、食感はコンビーフに近い感じ。

チーズもだけど、ワインとのマリアージュがはんぱない!



小さい子どもがいるので、夕食は基本自宅で食べるんですけど、
こんな風に大人が楽しめるワインと食材があると、一気に食卓が華やかになりますね。
幸せかんじるなあ...(笑)


※読者さま、情報提供ありがとうございました!

アンケヴィーノ!

板橋区南常盤台2-6-1

営業時間:
[月・水・金] 9:00~18:30
[火・木] 9:00~18:00
[土] 9:00~19:00
※2019年1月から10:00オープンに変更予定。
※試飲会やお子さんの都合により変更になる可能性があります。

定休日:日曜・祝日

公式サイトはこちら




いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ