川越街道沿いの中丸町にタイデザート専門店「バーンカノムタイ」がオープンしてる。池袋からの移転。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

川越街道沿いの中丸町にタイデザート専門店「バーンカノムタイ」がオープンしています!

オープンしたのは2021年12月29日。
タイデザート専門店って初めて聞いたかも。

地図ではここ↓

板橋区中丸町29-12。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

お店に向かって左は熊野町の交差点が近いです。隣は「たこっち」。
右側。斜め前はGEO。
しばらく進めば川越街道側のハッピーロード入口があります。
外観からは「営業してるのかな…」と少し不安になりますが、ドアを開けて建物の中に入っていきます。
するとこんな通路が出現。
少し不安になりますが、ピンクの壁に励まされ進んでいきます。
壁にはタイのアート作品が飾ってあったりします。
壁の上部はきっとお店の商品写真。
入口があった!
店内のショーケースにはタイスイーツがたくさん並んでいました。

ざっと紹介しますね。

日本では見たことがないようなスイーツたち。

イートインもできる感じです。
店主(?)の女性(以降:お母さんと呼びます)にお話を聞けました。

お母さんは日本語を少し、英語を少し話せます。
なんとか身振り手振りでいたばしTIMESのことを説明し、たぶん理解してくれたと思います。

「このデザートはここで作ってるんですか?」と聞いてみると、

全てお母さんが作ったものらしい!

お母さんはチェンマイの出身ですが、スイーツはタイ全土で食べられているものなのだそうです。

(カタコト同士の会話なので僕の認識が間違っている可能性あり)

お店の説明に、とパンフを見せてくれました。

「バーンカノムタイ」はもともと2006年に国内初となるタイ菓子専門店として、池袋にオープンしたんですね。

今も池袋にあるタイ料理店「ピラブカウ」と同じ経営らしい。
(とても人気のお店みたい)
メニューの日本語もこのパンフに載ってました。
(価格は変更されています)
お母さんとはカタコト同士の会話だったけど、なんとなく心が通じ合ったような気がします。

まるで海外旅行に来たような気分だな。

いくつか買って自宅へ。
カノムモーケン(550円)
一番人気はどれか聞いたら、これらしい。

ココナッツ風味のふわふわケーキのような食感です。

サンカヤファクトーン。
サービスでいただいてしまいました。

プリンのような滑らかな生地の上にゴロゴロとしたカボチャが乗ってます。

カオニィアオピン(600円)

焼かれたバナナの葉に包まれていたのは棒状の餅米。
ココナッツ風味のきりたんぽのような雰囲気。良い香り。


ほぼ全ての商品名は生まれて初めて口に出した言葉。
どのデザートもきっと本場そのものなのだろうと思える味わいでした。

タイ料理が好きな人はもちろん、いろいろな食べ物にチャレンジしてみたい人は訪れてみると面白いと思います!

※かめ子さん、読者さま、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 バーンカノムタイ
住所 橋区中丸町29-12

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。