仲宿のタピオカ店「NANA CHA N」がBAR & COFFEEのお店になってる。NANA CHA N誕生秘話も聞いてきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

仲宿のタピオカ店「NANA CHA N」がBAR & COFFEEのお店になっています。

この左側のスペース、以前は中華料理店でしたよね。

2020年10月12日から「NANA CHA N」のBAR & COFFEEのお店に変わりました。
(もちろんタピオカも飲めます)

地図ではここ↓

板橋区仲宿64-7 B1Fです。

お店に向かって左は三田線・板橋区役所前駅がすぐ。
右側は旧中山道、鳥新を通り、王子新道が続きます。
タピオカの注文は店内でするようになったみたい。
お店は地下にあります。
店内のようす。
メインはテーブル席で、
カウンターも少しあります。
タピオカメニューに、カフェメニューが加わっています。
ランチセットもやってるんですね。
居酒屋風のおつまみメニューも。
これからメニューは増やしていくそうですよ。
アルコールメニュー。
ランチセットを注文しました。
セットについてくるサラダ。
キノコベーコンパスタセット(980円)
麺類を見ると、どうしても麺リフトをやりたくなってしまいます。
選べるコーヒーはカフェラテをチョイス。
店主の馬(マ)さんにお話も聞けました。

以前この場所にあった中華料理店はお父様が運営されていたそうです。

お父様がご高齢になり、鍋を振るのが難しくなってきたため、板橋本町の系列店「MR. HIPPO COFFEE」の経験を生かして、カフェ(&Bar)に改装したそうです。

どうしても聞きたかった「NANA CHA N」の名前とイラストについても教えてくれました。

以前、馬さんの奥さんのお腹に赤ちゃんがいた頃。

漫画の「NANA」が好きだったこともあり、女の子だったら「ななちゃん」と名付ける予定だったそうなんですね。

実際に生まれてきたのは男の子。
ななちゃん」はお店の名前になりました(笑)

タピオカはお茶がベースになることから、「CHA」を店名に隠れるように入れたそうです。
(そう言えばアルファベットの間にスペースがありますよね)

お店のロゴマークになってる女の子のイラストは、上海の有名なイラストレーターが描いたものをWEBで購入したそうですよ。

いや、もう「NANA CHA N」の謎がすべて解けて、めちゃくちゃスッキリしました。

今度からタピオカを店内で飲んでのんびりするのもいいかもですね。
(写真は2019年のオープン時のもの)

◇関連記事

※ATSUKOさん、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 NANA CHA N
住所 板橋区仲宿64-7 B1F
営業時間

11:00〜23:00(お酒の提供は17:00〜)

定休日 日曜
リンク
喫煙・禁煙 禁煙

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。