「飯尾和樹のずん喫茶」志村三丁目特集を振り返ってみた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

2023年11月18日(土)BSテレ東で放送された「飯尾和樹のずん喫茶」志村三丁目特集、どんな内容だったか振り返ってみます。

(出典:以下画像すべて、「飯尾和樹のずん喫茶」番組公式サイト

今回は東京・志村三丁目エリア
小雨が降るあいにくのお天気の中、都営三田線の『志村三丁目駅』の駅前から番組をスタートとしようとする飯尾さんですが…

「さす?やめる?さす?やめる?さす?やめる?」と傘をさすのか悩んでいるようで…。果たして、傘をさすのか?ささないのか?喫茶店へと向かう飯尾さんの決断は!?

そして、今回はどんなステキな喫茶店との出会いが待っているのでしょうか?

TVerより

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

まずは環八通り沿いの「珈琲館 次男坊」さん、創業42年になる喫茶店を訪問です。

地図ではここ↓

板橋区坂下1-5-2。
志村三丁目駅の北エリア、リンガーハット環八通り志村店のお隣りです。

長男坊の飯尾さんいわく、次男坊は冷静なんだそうです。
家族の皆さんでお出迎えです。
喫茶店の奥にはマスターこだわりの焙煎室があります。
手前は「会議でも開けそう」な長めの円卓のあるスペースとなっています。
マスターが実家を改装して喫茶店を開いた当時の貴重な写真も登場してました。
11:00~14:30のランチタイムメニューは、コーヒーor紅茶がついて990円です!
マスター夫婦のなれそめなど、家族三世代の話に盛り上がります。
子ども3人孫8人、お隣りのリンガーハットは家族の御用達です。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

自家焙煎したコーヒー豆をサイフォンで淹れます。
飯尾さんはハンバーグセットに自家製パンをチョイスです。
あまりのおいしさに、得意芸が!
記念のカップ、長男坊の飯尾さんからマスター家族へのコメントをプレゼントです。

今年の夏にランチしてきた記事は、グランドメニューがわかる写真満載となっています。

お次は志村三丁目駅の南側、御成塚通りの坂を上がっていきます。
飯尾さんおすすめのウォーキングコースの先には、志村城山公園があります。
公園が目の前のロケーション、1999年創業の「カフェ ベルニーニ」さんです。

地図ではここ↓

板橋区志村3-7-1。
志村三丁目駅の南エリアです。

スマイリーなマスター親子に飯尾さんも「入りやすい」!
店名の由来は、マスターが宿泊したローマのホテルの名前(そもそもはイタリアの芸術家の名前)だそうです。
喫茶店を始めたマスターはその前、なんとドトールに25年いたそうです!

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

「ベルニーニ・ブレンド」をオーダーです。
カウンター席で、マスターと向かい合いながら、会話が弾みます。
「間違いないですね」
お茶目なマスターに、飯尾さんもたじたじでした。
おススメのお茶請け、京都の羊羹屋さんにカフェ ベルニーニの珈琲で作ってもらっているという珈琲羊羹です。
終始、お茶目なマスターに降参の飯尾さんでした。
この日は雨がちだったみたいですが、明るい店内ですね。
はたして飯尾さんの観た「コーヒー歌舞伎」とは!?

「飯尾和樹のずん喫茶」番組公式サイトで、前々回放送と前回放送の2回分を無料見逃し配信中です。
飯尾和樹の『ずん喫茶』<志村三丁目>の熱々ハンバーグには自家製パンがピッタリ

TVerでも無料見逃し配信をしています。
こちら

気になる人、また見たいなぁという人は早めにどうぞ。

※読者さま、情報提供ありがとうございました!