高島平のレジェンド「あぺたいと」飯野社長に両面焼きそばを作ってもらった。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

新高島平駅近くの「両面焼きそば あぺたいと」に行ってきました!

その存在感はもはやレジェンド。

高島平の名所の一つと言ってもいい「あぺたいと」の伝説はここから始まりました。

創業されてもう30年以上になるそうです。

地図ではここ↓

板橋区高島平7-12-8です。

入口の横の道からは新高島平駅が近いです。
店内のようす。
2列背中合わせでカウンター席が並んでいます。
小上がり席も。
あぺたいとの生みの親・創業者の飯野社長にお話も聞けました。

今から37年ほど前、まだ東京に豚骨ラーメンがほとんどなかった時代。
九州で豚骨ラーメンの修行をされていたそうです。

その修業先の近くに「あぺたいと」の原型となる「想夫恋(そうふれん)」という焼きそば専門店があったらしい。(今もあります)

その焼きそばを食べて、「これは絶対に東京で売れる!」と思ったそうなんですね。

それから焼きそば屋さんでも修行をされて、高島平で「あぺたいと」をオープンさせたのが1988年のこと。
(当初は豚骨ラーメンと両面焼きそばの2本柱だった)

そもそも論ですが、「焼きそばって焼くから焼きそばなんじゃないか?」と疑問を持っていたそうです。

(この言葉を聞いた時、僕はすぐに言葉の意味が理解できませんでした)

飯野社長いわく、通常の焼きそばは「炒めてるそば」ということなんですね。

「焼きそばは焼かなきゃいけないんじゃないですか?
その方が美味しいし、食感も香ばしさも出るし」

完全に胸を撃ち抜かれました笑。

麺もソースも改良に改良を重ねて今に至ると。

現在は都内・埼玉・横浜で8店舗を展開。

「焼きそば業界ではトップを走り続けたいという夢がある」

そんな風に語ってくれました。

メニュー。

焼きそばは全て「両面焼きそば」です。
単品だとサイズは5種類。

・小(1玉)
・中(1.5玉)
・大(2玉)
・ビッグ(2.5玉)
・ばくはつ(3玉)

※ビッグ・ばくはつはお一人でお召し上がりください。

セットメニューもたくさんあります。

飯野社長自ら作っていただきました。

鉄板で豚肉を焼きつつ、自家製麺を茹でていきます。

茹で上がった麺を鉄板へ。
2つのヘラで形を整えていきます。
お肉を囲むように、この状態できつね色になるまで焼いていきます。

これが「焼きそばは焼くもの」という所以ですね。

流れるような所作でひっくり返します。
そばとお肉を分離させ、野菜を投入。
そばを野菜の上にのっけたら、
秘伝のソースを回し入れます。
豪快にほぐして完成!
両面焼きそば(中&生玉子あり・950円)
中盛りだとけっこうなボリュームありますね。
ソースが香ばしい!

この両面焼きそば、麺が堅い部分と柔らかい部分が絶妙に混在しています。

口の中で麺がポキポキと楽しい食感。
と同時にモチモチの部分も味わえるという不思議な焼きそば。

見た目はサラッとしてますが、コクのあるソースともベストマッチ。

さらに黄身を纏ってマイルドで濃厚な味わいに。
これはたまらん!

夢中になって食べたら、あっという間にペロリでした。

高島平のレジェンド。飯野社長のこだわりが詰まった両面焼きそば、ぜひ体験してみてください!

◇動画

今回の様子を動画でも撮影しました。よかったらご覧ください!

Store 店舗情報

店舗名 あぺたいと 高島平本店
住所 板橋区高島平7-12-8
営業時間

11:00〜23:00(緊急事態宣言中は〜20:00)

定休日 月曜(祝日の場合は翌日)
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!

いたばしTIMESへ広告を掲載しませんか?