東武練馬にオープンしたラーメン「三つ鉢」に行ってきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

東武練馬にオープンした魚介豚骨・鶏清湯らーめん、魚介つけ麺のお店「三つ鉢」に行ってきました。

オープンしたのは2024年1月16日。

ここは以前「麺屋てつ蔵」があったところ。

地図ではここ↓

練馬区北町2-37-4。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

お店に向かって左。
東武練馬駅南口が近いです。
向かって右。
「やきとんひなた」「米とひなた」、旧川越街道に続きます。
お店に入ると右側にカウンター席が並びます。

店内は木目を基調としたシックでオシャレな空間。

入口右側には食券機。
スッキリまとめられたテーブルセットにメニュー。
メニューは大きく3種類。

・濃厚魚介豚骨らーめん
・鶏清湯らーめん[醤油・塩]
・濃厚魚介つけ麺


トッピングやサイドメニューにドリンクもあります。

どれもオススメなんですが「濃厚魚介豚骨らーめん」と「鶏清湯らーめん」が人気のようです。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

鶏清湯らーめん[醤油](840円)
スープが澄んでて、みるからに上品そう。
スープはしっかり鶏を感じます。

6〜7時間かけてじっくりと炊いているそうで、鶏の旨みと香りが詰まっています。

麺は細麺のストレート。

口の中でスープと調和してハーモニーを奏でるよう。

低温調理された鶏チャーシューも柔らかくて美味しい。

全体のバランスも良く、丁寧に作られているのが伝わってくる繊細な美味しさでした。

濃厚魚介豚骨らーめん・肉増し(1140円)

特別に他のメニューも試食させてもらいました。

スープの上にトッピングされたチャーシューが華やか。
スープは濃厚。

豚骨の旨みに魚介のオイルを足しているそうで、ブレンド具合が絶妙。

パンチがありながら香りも良く、奥行きを感じます。

コチラも低温調理のチャーシュー。

柔らかさの中に、肉の旨みを感じます。

麺は中太のストレート。

コシがあってスープとの相性も抜群。

お店の方に聞いてみると、三河屋製麺の麺を3種類のメニューそれぞれに合うよう、吟味して提供しているそうです。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

濃厚魚介つけ麺(840円)
スープに薬味のネギ。
麺は太麺でストレート。

迫力があります。

スープは魚介の旨みが強くて濃厚。

ほのかに感じるゆずが良い仕事をしています。

つゆを絡めて麺を食べるとモチモチの食感。

濃厚なつゆに負けない食べごたえ。
満足感が高い一杯でした。

オーナーさんにお話を聞きました。

内装やサービスを含め、日常使いはもちろん女性1人でも入りやすく、デートでも使えるようなお店づくりを心がけているんだそう。

「試作を繰り返し作り上げた味も、常に磨き上げてお客様に満足していただけるように努力します」
そうお話してくれました。

※すずしんさん、kanaさん、読者さま、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 三つ鉢
住所 練馬区北町2-37-4
営業時間 11:30〜L.O.14:30
18:00〜L.O.25:00
定休日 なし(月1回店休日あり・SNSにて案内)
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。