【仲宿の名物】新月堂のあまおう入り「いちご大福」を買ってきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

仲宿商店街の「新月堂」に行ってきました!

昭和11年創業の老舗和菓子屋さん。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

店頭でいちご大福が売り出されたのを見ると季節を感じますよね。

地図ではここ↓

板橋区仲宿55-11。旧中山道沿い。

お店に向かって左は、緩やかな坂をのぼって板橋区役所前駅方面に続きます。
右側。板橋の橋、板橋本町に続きます。
お店の正面はスーパーのライフ。
店内のようす。
博多あまおう入りの苺大福

訪問時には定番のMサイズの他に、苺が小さめだけど1.5個の得入りもありました。

タイミングにはよってはLLサイズなんかもあるようです。

いろいろな種類の和菓子が揃っているので、一部ですが紹介しますね。

見てるとあれもこれも食べたくなっちゃいます。

スタッフさん(ご家族)にお話も聞けました。

いちご大福は毎年1月上旬から5月頃まで販売しているそうです。
苺の入荷状況にもよりますが、1日200個ぐらい作っているらしい。

すごい人気商品なので午前中に売り切れてしまうことも珍しくありません。
気になる方は早めの時間が狙い目です。

あれもこれも買って自宅へ。
苺大福を半分にカットしてみました。

イチゴの甘酸っぱさ、あんこの甘み、モッチモチのお餅。
絶妙なバランスがたまらなく美味しいですね!

板橋の橋の形をした「道中お達者で」(左)と「いたばし最中」(右)。
板橋感がはんぱないです。
いたばし最中は「板橋のいっぴん」にも選ばれた人気商品。
治承まんじゅう」(右)にも板橋の橋が描かれています。
(左は優しいかぼちゃ餡の「かぼちゃん」)

治承(じしょう)」ってなんだろうと聞いてみたら…

板橋を渡った歴史上の主な人物」の先頭にある源頼朝・義経が通ったのが「治承4年」だったことに由来しているんですね。

ご主人はとても歴史が好きみたいです。

Store 店舗情報

店舗名 新月堂(しんげつどう)
住所 板橋区仲宿55-11
営業時間

9:30〜19:30

定休日 水曜
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。