板橋3丁目の新潟中華そば「うめ川」でラーチャンを食べてきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

板橋3丁目の新潟中華そば「うめ川」に行ってきました!

新潟の人気ラーメン店「来味」が板橋にやってきたのは2018年9月のこと。
その「来味」の店長・梅川さんが、同じ場所で「中華そば うめ川」として2020年4月に独立されました。

うめ川」になってからは初めての訪問です。

地図ではここ↓

板橋区板橋3-44-6です。王子新道沿い。

お店に向かって左はゆるやかな坂をあがっていくと鳥新、板橋区役所前駅へと続きます。
右側は東板橋体育館が近いです。
店内にはL字型のカウンター席と、
テーブル席も一つあります。
食券機。
和え玉もあるんですね。
メニューは店頭にも大きく張り出してあります。

新潟の味・名物のラーチャン(ラーメン+半チャーハン)は受け継いでいるようです。

席にはトッピングメニューも。
店主で新潟出身の梅川さん。

ラーチャンは新潟市の下越エリアでは有名なセット。
いろんなお店が「ラーチャン」を提供されているそうです。

東京で言うところの「半チャンラーメン」と似ていますが、そのこだわりを聞くと似て非なるもの。

ラーチャン」はラーメンとチャーハンが2つで一つ。
別々に食べるものではない、と言い切るこだわりがあるんですね。

チャーハンはこのラーメンにのみ照準を合わせて作るので、チャーハン単品はメニューには存在しません。

流れるような動作でラーチャンを作り上げていきます。
(詳しくは最後の動画をご覧ください!)
ラーチャン(1050円)
煮干しのいい香り。
クリアで優しい味のスープ。
煮干しのエグみは全然ありません。

独自の調理法で濁りの少ない出汁に仕上げ、新潟5大ラーメン特有という薄口醤油タレで合わせてあります。

麺は細めで柔らかく、この優しいスープとの相性よし。
食品添加物を一切加えずに作っているそうですよ。

風味に品があるというか、老若男女、多くの人から支持を受けそうなラーメンです。

ラーメンとは打って変わり、しっかりした味付けの醤油チャーハン。

交互に食べてその緩急を楽しめます。
煮干しスープとの相性が抜群!

チャーハンは決してミニサイズではなく、けっこうな量があるのに、夢中になって食べ切ってしまう美味しさ。

◆動画

ラーチャンの調理風景をほぼノーカットで撮影させていただきました。
流れるような職人技。よかったらご覧ください!

Store 店舗情報

店舗名 中華そば うめ川
住所 板橋区板橋3-44-6
営業時間

11:30〜14:30(L.O.14:20)、17:30〜21:00(L.O.20:50)

定休日 月曜夜、火曜
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!

いたばしTIMESへ広告を掲載しませんか?