上板橋駅ちかくにオープンした「上板橋珈琲焙煎所」でダークラム熟成コーヒーを飲んできた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

上板橋駅ちかくにオープンした「上板橋珈琲焙煎所」に行ってきました!

グランドオープンしたのは2022年2月13日。
焼きたてコーヒー豆を買ったり、店内でコーヒーを楽しむこともできるお店です。

地図ではここ↓

板橋区上板橋3-4-10 FMビルE1。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

お店に向かって左側。すぐ右に曲がれば上板橋駅北口が近いです。
左側。斜め向かいは「まごころ大髙」があります。
店内は落ち着いた癒し空間。
豆はすべてスペシャリティコーヒー(高品質なコーヒー)。
注文を受けてから焙煎してくれるのが嬉しいポイントです。
ロスティリーノという英国製熱風式焙煎機。

待ち時間は状況にもよりますが、2種類200gまで10分くらい。
(3種類だと20分くらい)

店舗公式LINEで事前に注文しておくと、待たずに受け取ることもできます。
公式LINE→こちら

メニュー。

苦味、酸味、甘味、コクなどの強弱に加えて、特徴の一言コメントも書いてあるのでわかりやすい。

でも、迷ったら店主の松本さんに聞くのが早いと思います。

ウィスキー、カクテル、ナッツ系も。
スイーツもあるのでコーヒーと合わせたら良さそうです。
注文すると、松本さんが丁寧に淹れてくれます。
ダークラムエイジドコーヒー(650円)

ダークラムで生豆を熟成。
樽熟成したダークラムの樽香が移り、複雑な香りが広がります。
中深煎りで焙煎しています。
ロックスタイルがオススメです。産地は時期により変更しています。

メニューより
ほのかに樽の香りを感じます。
想像していたよりもスッキリとした飲み口。
自家製 瓶詰めプリン(400円)もいっちゃいました。
ビジュアルもですが、味もレトロな固めのプリン。
樽熟成のコーヒーと合わせたら最高です。
松本さんオススメの「グァテマラ ゲイシャ ウエウエテンンゴ ラ プヴィデンシア農園Ⅱ」(650円)

柑橘、レモンティー、紅茶のような香り、非常にミルキーで、華やかな白ワインのような印象です。

栽培本数が少なく年間通しての入荷が難しいロットです。

メニューより

まるで紅茶のような酸味が新鮮なコーヒー。
とても希少種らしいです。
(オンラインショップで購入可能→こちら

ちなみに日本の芸者とはまったく関係ありません笑。

ウィスキーも試飲させていただいたのですが、好きなコーヒー豆を2粒入れてくれるサービスをされています。

ウィスキーに少しづつコーヒーの風味が広がっていくのを楽しめます。

店主の松本さん。
カフェで12年ほど働いたのち、こちらで独立されました。

物腰柔らかくとても話しやすい人で、僕みたいな超絶コーヒー初心者にもわかりやすく説明してくれます。

マスターとお話しながら、こだわりのコーヒーを味わっていると、大人になるのも悪くない、そんな気持ちにさせられますね。


※読者さま、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 上板橋珈琲焙煎所
住所 板橋区上板橋3-4-10 FMビルE1
営業時間

11:00〜21:00(土日祝は〜20:00)

定休日 月曜+不定休
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。