大山金井町の純喫茶「ピノキオ」の極厚ホットケーキができるまで。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

こんにちは。
編集長のちゅうぞうです。

いたばしTIMESの動画企画「店主のルーティン」。

今回は大山金井町の老舗の喫茶店「ピノキオ」で、名物の極厚ホットケーキが焼き上がるまでの様子を撮影させていただきました!

動画はこちら↓

名物のホットケーキは、板橋のみならず、全国から食べに訪れる人が絶えません。

とても人気のお店なので食べたことがある人も多いと思います。

でも、どんな風に出来上がるかを最初から見たことある人は少ないのではないでしょうか。

休日には行列もできる純喫茶。

テレビなどの取材は基本お断りのお店ですが、その場にいた常連さんがいたばしTIMESを推薦してくれたので撮影させていただけることに。

地図ではここ↓

板橋区大山金井町16-8です。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

お店に向かって左は山手通りが近いです。
店内はウッディで落ち着いた雰囲気。
懐かしいゲーム機のテーブル。
聞いてみると、電源をつけてくれました。
まだ現役で動きます。

このゲーム機、ブラウン管テレビが上に向けて設置してあるんですって。
だからこんなに大きいんですね!

マスターの塩谷(えんや)さん。(2021年で75歳になられるそうです!)
お店は奥さまとお二人で切り盛りされています。

お店をオープンさせたのは昭和49年(1974年)。
塩谷さんが27歳の時。

極厚ホットケーキを始めたのは、家で作れないものを作ろうと思ったのが最初のきっかけだったそうです。

なんで店名が「ピノキオ」かも聞いてみたんですね。
(よく聞かれるらしい)

特に根拠はなく、響きがよくて覚えやすいから。
特別ピノキオに愛着があったわけではないそうです笑。

メニュー。
生地は作り置きせず、オーダーが入ってから混ぜ合わせます。
見ていると、けっこうな力作業。

注文が入って焼き上がるまで15〜20分くらいかかります。

この銅板はお店の創業時から使っているもの。
その輝きに歴史を感じます。
ひっくり返すとキレイな焼き色!
段々と縦に膨らんで高くなっていきます。

型みたいなものを使ってるのかなとか思ってたんですけど、何も使っていないんですね。

仕上げに横に転がして火を当てていきます。
形を整えるために必要な工程みたい。
お皿に盛り付けて完成!

休日には9割のお客さんが注文するという名物のホットケーキですが、最初から今の形にできたわけではない、と。
(当初はいわゆる普通のホットケーキだったらしい)

改良を重ねて、ようやくここまでできるようになったのだとか。

銅板で焼ける数にも限りがあるので、混雑時には注文してから1時間以上待つことも珍しくないそうです。
(料理を注文する時に一緒にオーダーしておいた方がよいと思います)

純喫茶ならではの「ミルクセーキ」も注文して、作る様子を撮らせていただきました。

牛乳や卵をシェイカーに入れて振っていきます。

グラスに入れて、バニラアイスを乗せれば完成!

ミルクセーキってこうやって作るんですね。

ミルクセーキ(550円)

牛乳に玉子のコク、それにバニラアイスが加わってすごく美味しい!

あまり飲んだことはないのに、懐かしさを感じます。

ホットケーキ(550円)

まるで絵本やアニメから飛び出してきたかのようなビジュアル。

改めて間近で見ると、すごい厚さですね。
カットする時の手応えがかなりあります。
表面はサクッと、中はどっしりとした生地感。
それにシロップとバターの甘い風味が絶妙にマッチしています。

まるで昭和にタイムスリップしたような気分。

流行りのふわふわパンケーキもよいけれど、これは時代が移っても愛される味。

追いシロップをたっぷりかけて。
(入れ物かっこいい)

子供の頃の憧れが目の前にあります。最高…!

これだけ人気のホットケーキですが、塩谷さんにとってはまだ完成形ではないそうです。
(どれが完成形かもわかっていない、と)

「こんなに手間をかけないでホットケーキを作るやり方はあると思う。
でも、そのおかげでたくさんのお客さんが来てくれるから」

そんな言葉が印象的でした。

いたばしTIMESの活動のことも興味深く聞いていただき、帰り際、

「諦めたらそこで終わり。継続は力だ、がんばれ」

そんな風に声をかけていただきました。
(スラムダンクを思い出しました)

塩谷さんにはぶっきらぼうな優しさが溢れていて、思わずジーンときてしまいます。

板橋の誇るべき名店。
時間と気持ちにゆとりを持って、ぜひ体験してみてください!

◇動画

この動画は撮影している時から貴重映像になるのではと思ってドキドキしていました。自分にとっても忘れられない記録となりました。

◇関連記事

Store 店舗情報

店舗名 コーヒーショップ ピノキオ
住所 板橋区大山金井町16-8
営業時間

8:00~19:00(L.O.18:00)
※コロナ自粛のため取材時は8:00~18:00(L.O.17:00)

定休日 水曜
リンク
備考

常連さんが運営している公式Instagramには、臨時休業の情報も掲載されているので要チェックです。

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。