上板橋駅北口近くにオープンした「辛麺サソリ」で「紅の豚バラ」を食べてきた。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

上板橋駅北口近くにオープンした「辛麺サソリ」に行ってきました!

オープンしたのは2021年2月17日。

上板橋で有名な焼肉ギュービッグ、ハングリーヘブンを運営しているGBworksの新業態です。

地図ではここ↓

板橋区上板橋3-5-1です。
以前はカレー店「スパイスフォース」として運営されていた場所。

お店に向かって左は上板橋駅北口に続きます。
駅からは歩いて5分ぐらい。
右側は富士見街道が近いです。

このイカレタ扉の向こうは「天国」か「地獄」か?

当店の商品は外観からお察しの通り、非常に辛味の刺激が強く、辛いものが苦手な方には地獄のようなお店です。

また、店内BGMは全くリラックス出来ない極悪なヘヴィメタルミュージックが流れております。

千客万来では御座いますが、自己責任の元、覚悟を持ってご来店頂きますようお願い申し上げます。

うは!とんでもないな!笑

まったく覚悟を持たずにやって来てしまいました。

勇気を出して巨大唐辛子のドアノブを開けると…

店内では極悪なヘヴィメタルが流れていました笑。
メニューは3種類。(これから増えるらしい)

・サソリ 辛マゼソバ(900円)
当店のスタンダード。旨味満載激辛肉餡と極太麺。
天国なのか地獄なのか…
刺激と旨味の波状攻撃に汗と涙が止まらない…

・紅の豚バラ(1200円)
スタンダード+旨辛豚バラモヤシ炒め。ボリュームも旨味も満点。
「謎メシ」との相性最強。紅に染まった豚バラを慰める奴はもういない…

・スコーピオン デス ロック(1000円)
当店で一番辛い商品。新たなる刺激を求める重度の激辛中毒者必食。
他のメニューとは異なる「重い辛さ」
舌にキメるサソリ固めにタップアウト。
「食ッテミナ、トブゾ?」

ちょっとしたアトラクション感覚です笑。

麺の量は小中大と選べます。(大は+50円)

また、全ての麺メニューに「謎メシ」が付きます。
謎な美味さだから謎メシ。気になりますね。

注文を済ませてトイレに行くと…

うお!

え?
トイレに来たつもりだったのに、異世界に繋がってた…?

ぶっ飛びが過ぎる!笑

紅の豚バラ(1200円)

すごいの来ました。

中央にモヤシが山のように盛られていて、豚肉もたくさん入ってるはずなんだけど紅くて見えない。
通常のまぜそばよりも汁っけが多いのは「謎メシ」と合わせるからなんですね。
麺は豪快な極太麺。

辛い!
けど…うまい!!

すぐに毛穴が開いて汗が吹き出してくる辛さ。

でも、とんがった刺激ではなく、旨みを強く感じるので、激辛に耐性がない僕でも意外とイケます。

テーブルに設置されている「覚醒蠍唐辛子」。

漢字の表現にいちいちビビりますが、「紅の豚バラ」には3〜4杯がオススメとのこと。

ビビって2.5杯ぐらいにしました。
さらに刺激的な辛さに!
謎メシ。

インド料理で使われるバスマティライスに数種類のスパイスをブレンドした特製ご飯。
すごくいい香りします。

残った汁気の中に謎メシをぶっ込みました。

なにこれ?
めちゃくちゃ美味しい!

カレーのような味わいに。
辛味も気持ちマイルドな感じになって、本当に謎にうまいです。

店長代理の蠍山毒太さん(なんのこっちゃ)にお話を聞けました。

GBworks社として辛い麺をずっとやりたいという気持ちはあったらしい。

まぜそばに絞って、世界観を出していけば切り口はあるのではないかと考えたそうです。

辛麺のベースになっているのは、焼肉ギュービッグの「豆腐焼き」というメニュー。

出汁は牛骨メインで豚骨も加え、ニンニクと唐辛子、ひき肉の旨味などが足されています。
今まで運営してきた焼肉・ハンバーガー・カレーの経験を全て注入したそうですよ。

「新メニューでやりたいことがたくさんある。中途半端にせず振り切りたい」
そんな風にお話してくれました。

◇動画

今回の様子を動画にしてみました。よかったらご覧ください!

◇関連記事

※堀部やすべ~さん、えりすけさん、読者さま、情報提供ありがとうございました!

Store 店舗情報

店舗名 辛麺サソリ
住所 板橋区上板橋3-5-1
営業時間

11:00〜20:00(緊急事態宣言中)

定休日 なし
リンク

※記事の内容は取材時のものです。最新情報はお店で直接、または公式情報でご確認ください。