志村坂上に素敵なカフェができたと読者さまから教えてもらい、さっそく行ってきました!

写真 2017-07-10 14 44 22
商店街の裏道にひっそりとオープンしたworkshop & coffee stand「SUNDAY MORNING」。
お店の前に立った瞬間、ここが板橋であることを忘れてしまいました...(笑)

地図ではここ↓

住所は板橋区志村1-34-18です。

写真 2017-07-10 14 48 33
志村銀座商店街(しむらん通り)からは「明石焼き 濱」とマッサージ屋さんの間を入ると見えてきます。

◇関連記事
志村『明石焼 濱』ふわとろの明石焼についてオーナーさんにいろいろ話を聞いてきた。

写真 2017-07-10 14 45 27
置き看板にもオシャレさが漂ってます。


店内に入ると...


あ、なんだか外国のいい匂いする。


写真 2017-07-10 14 02 19
ドラマのセットかと見まごう店内の雰囲気。

写真 2017-07-10 13 59 33
外国にワープしゃちゃったのかと思ったけど、外はいつもの志村です(笑)

写真 2017-07-10 13 59 12
席はとてもゆったりした造りですね。すごい落ち着く...。

写真 2017-07-10 14 41 06
オーナーの染谷さんにお話も伺えました。
ご夫婦で運営されてるんですよ。



― どんなきっかけでお店をオープンすることになったんですか?

染谷さん: 今も続けているんですけど12年ほどバーテンダーをしています。

コーヒーが大好きで、お酒が入らないさっぱりした業態をやりたいなって思うようになったんです。



― まるで外国みたいなお店ですけど、モデルにされたカフェってあったんですか?

染谷さん: カフェをやりたいと思ってからは、勉強をかねて海外をまわりました。

シアトル、ポートランド、ロサンゼルスを旅しながら、「サードウェーブコーヒー」と呼ばれるカフェにインスピレーションを受けてお店をつくりました。

サードウェーブコーヒー

19世紀後半から1960年代における、インスタントコーヒーなどの普及により急速に家庭に広まったファーストウェーブ、1960年代から2000年頃にかけてのスターバックスなどのシアトル系コーヒーに代表されるコーヒーの風味を重視するセカンドウェーブに次ぐ、コーヒー本来の価値を重視する第3のコーヒーの流行を指す。

コーヒーを単なる生活必需品として捉えるのではなく、ワインのような芸術性を兼ね備えた高品質な食品として提供することを特徴とし、コーヒーの栽培管理、収穫、生産処理、選別そして品質管理に至る全ての工程において品質管理が適正に行われており、欠点豆の混入が非常に少ない。
個性を持った商品に人気が集まるといった点で、地ビールと類似した特色を持つ。

(ウィキペディアより)


染谷さん: お店の見た目は今っぽいですけど、コーヒーは喫茶店みたいなものが好きなんです。
昔ながらの手間ひまかけたコーヒーを提供しています。



写真 2017-07-10 14 01 15
メニュー。



― オーナーさんのオススメメニューってありますか?

染谷さん: コーヒーは「フレンチプレス」(400円)をオススメしています。

日本だと紅茶で使うような器具を使ってつくります。
フィルターを通さないので、豆本来の油分や旨味がストレートに伝わるんですよ。
写真 2017-07-10 14 31 34


染谷さん: あとは海外で飲んだものを僕なりにアレンジした「LAデトックスウォーター」(S380円、M450円)もオススメです。


写真 2017-07-10 14 04 57
私もLAデトックスウォーターをいただきました!めっちゃ癒される。


染谷さん: 下がマスカットジュース、上はブルーハーブティーです。
この地域はママさんが多いので、アンチエイジングとしてもデトックスウォーターをオススメしています。



写真 2017-07-10 14 00 29
パニーニ(チーズorツナ)やスコーン、キャロットスープもあります。



― 店名はなんで「SUNDAY MORNING」にされたんですか?

染谷さん: まず夫婦ともに好きな曲の題名でした。(MROON5のsundaymorning)
店の雰囲気はこの曲のイメージが基盤にあります。

そして、日曜日(休日)の朝のようにちょっとだけわくわくする時間を過ごしてもらえたらと思っています。



写真 2017-07-10 13 59 55
カラメルビスケット(30円)



― 看板に【workshop & coffee stand】って書いてますが、ワークショップを今後やっていくんですか?

染谷さん: まだ具体的には未定なのですが、地域の方達の集う場所でありたいと思っており、ただ集うだけでなく、そこに生まれる価値を皆で共有できる場所になれたらと思っております。



写真 2017-07-10 14 43 36
お冷やにもぬかりなし!



― なんでお店をこの場所にしようと思ったんですか?

染谷さん: 奥さんの地元なのと、私の祖母もこのあたりなんです。
一本裏に入った方がココどこ感?あるかなと思って(笑)



写真 2017-07-10 14 10 16
ホットパニーニ(チーズ)もいただきました。



― ちなみに子ども連れってウェルカムなんですか?

染谷さん: はい!お子さまでも飲めるジュースもご用意しています。
ベビーカーで来店される方も多いですよ。



写真 2017-07-10 14 10 50
外はカリっ、中はもっちり。美味しい!



― 最後に板橋の人たちへメッセージをどうぞー!

染谷さん: 若い頃にバーを経営してダメになったことがあって......その経験から今は町に真摯に向き合って仕事をしていきたいと思ってます。
よろしくお願いします。




おわりに


このエリアでは今まであまりないタイプのお店ではないでしょうか。

こんなに素敵でワクワクするお店を若いご夫婦で運営されてるなんて......町もかわっていきますね。
夏の暑い日にここ入ったら、間違いなくオアシスだなぁ。


※めぐみさん、たまこさん、Hさん、情報提供ありがとうございました!

SUNDAY MORNING(サンデーモーニング)

板橋区志村1-34-18

営業時間:
[月火水] 9:00~18:00
[土日祝] 10:00~17:00

定休日: 木曜、金曜

席数: 12席(4テーブル)

喫煙・禁煙: 終日禁煙

オフィシャルサイトはこちら




いたばしTIMESでは皆さまからの情報提供をお待ちしています!
情報提供フォームへ

いたばしTIMESへの広告掲載について
詳しくはこちらへ