いたばしTIMESを始めて8年が経っていた。本当にありがとうございます。

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

こんにちは。
編集長のちゅうぞうです。

先日ハッと思い出したのですが…

いたばしTIMESを始めてから8年が経っていました。

一応確認したら2015年11月に始めていたようです。
(年越す前に思い出してよかった)

気がつけば8年間、毎日発信していました。

なかば呆れていた家族や友人たちも、さすがに8年も続けると反応も変わってきます笑。

慌ただしい毎日の中で過去を振り返ることはほぼないのですが、継続するってすごい力を生むんですね。

ベタですが、年の瀬に8年目の活動を振り返ってみました。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

春にアキレス腱を断裂する事故を起こしていました。(親子バスケの参加中)

いたばしTIMESを始めてから初めて、1ヶ月ほど外出できない事態に。

発信を途切れさせたくなくて、読者の皆さまに写真付きの情報提供を呼びかけました。

それに呼応するように、読者さまからの写真付き情報提供が思いっきり増えました。

この時は心の底から嬉しかったです。

8年間、毎日発信できているのは皆さまのおかげです。
本当にありがとうございます!

今でも、町で出会う人から「足はもう大丈夫?」と優しく声をかけていただくことが多いです。

僕の足はもう大丈夫です!
元気に毎日走り回っています。

毎日のように届く情報提供や応援メッセージ。
目を通していくうちに、僕の中で一つの仮説が生まれました。

それは、町のことを知ると、その町が好きになる、ということです。

というのも、応援メッセージで「いたばしTIMESを読んで板橋が好きになりました」という内容をいただくことが多いんですね。
(めちゃくちゃ嬉しいです!)

誤解を恐れずに言えば、

僕は板橋を好きになってもらおうとも、紹介したお店に訪れてもらおうとも思っていません。

ただ、自分が体験したこと、見聞きしたこと、楽しかったことを発信しています。

それはきっと、いたばしTIMES以外ではニュースになりそうもない小さなことばかり。

でも、そうした小さなニュースによって、町の息づかいのようなものを感じることができます。

いたばしTIMESで紹介したお店やイベントを訪れるのは、きっと楽しいと思います。

でも、実際に訪れなくても、

自分が住んでる町にこんなお店がある、こんな人がいる、こんなイベントがある、

それを知るだけで自分のいる町が好きになるのではないか。

僕はそんな風に仮説を立てました。

8年ってあっという間ですね。

夢中になって発信していたら、気がつけばけっこうな年月が経っていました。汗

9年目も板橋の愛すべき小さなニュースをたくさん発信していきます。

よかったらお付き合いください!

いたばしTIMESは現在チームで運営しています。
僕以外のメンバーが取材に伺うことも多いです。

また、来年1月にメンバー募集を行う予定です。
たぶん僕個人のXアカウントで先行募集します。
編集長ちゅうぞう個人X


<掲載写真の関連記事>