板橋の食材で作った「板橋大根ラーメン」はこんなラーメンでした!【麺庵 いたばしTIMES】

  • Twitterでシェアする
  • lineでシェアする
  • facebookでシェアする

こんにちは。
編集長のちゅうぞうです。

板橋だけのオリジナルラーメンを作ってみたい。

そんな夢を形にした企画「麺庵 いたばしTIMES」を先日開催しました。
どんなラーメンができたのか、振り返ってみます。

板橋本町の人気店「麺庵 小島流」との一日限定コラボ企画。

僕の無茶振りを、味の権化・小島さんが形にしてくれました!

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

メイン食材は、板橋が誇るブランド野菜・志村みの早生(わせ)大根。
徳丸の農家さんを訪れ、大根を抜くところからやらせていただきました。
麺は、本蓮沼の老舗製麺所「喜多星製麺」の麺を使用。
スープは、仲宿にある創業120年超の鶏肉屋さん「鳥新」の鶏肉で作りました。
風味の肝となるカツオ節は、新河岸の老舗削り節メーカー「うつぼや」の本枯(ほんがれ)という高級カツオ節を使用。
チャーシューは、大山の肉工場「アダチヤ」の豚肉を使用。
板橋区内を走り回って集めた食材を、小島流の小島さんがラーメンの形にしてくれました。
プロの料理人って本当にすごいですね。

おぼろげなイメージだった板橋ラーメンが、みるみる形になっていきました。

※記事は下に続きます

※記事は下に続きます

迎えた当日の開店時刻。
お店の前には行列が…!
角を曲がってこんなところまで。
最初のお客さんは、なんと開店1時間20分前から並んでくれたそうです。
これが完成した「板橋大根ラーメン」です!
志村みの早生大根は、おろし、煮物、そして葉のピューレに。

ここまで大根づくしのラーメンは聞いたことない。

スープは鶏の旨みとカツオの風味がシンプルに美味しい醤油味。
昔ながらの中細麺。
豪快に厚切りのチャーシュー。

出会った人の顔が思い浮かぶ、最高の板橋ラーメンができました!

大根の葉めしは素朴な味わい。
大人気で早々に売り切れ。

限定100杯。
正直に言えば、すぐに完売してしまうと思っていました。

開店から2時間以上も行列が続き、目の回るような忙しさ。

でも、ラーメンを100杯を売るってはんぱじゃないんですね。

14時過ぎになると一気にペースが落ち、仕切り直して18時にオープン。

その18時にも行列ができました。
それでも100杯に到達したのは21時頃でした。

最初と最後だけ、小島さんの指導のもと、調理もやらせていただきました。

テンパっている時間も多かったですが、たくさんのお客さまとお話ができて楽しかったです。皆さん優しかった。

板橋で食材を集めて作る夢のラーメン企画。

寒い中来店していただいたお客さま、この企画の趣旨に賛同してくれたお店の方々、ラーメンの具現化を一手に担ってくれた小島さん、

たくさんの方々の協力を得て、この企画は無事に終了しました。
本当にありがとうございました!!

またいつか、こんな企画をやってみたいです。